<< 新しいドア。 | main | うれしいことがありました。 >>
2018.01.06 Saturday

パンに触れるとね。

0

    パン生地ってね。

     

    触る相手によって

    感じが変わるんです。

     

    べちゃべちゃに感じる人。

    やわらかく感じる人。

    硬く感じる人。

    冷たく感じる人。

    暖かく感じる人。

     

    どれも正解。

     

    どこかヒトと似てるよね。

     

    そのヒトは変わらないのに

    見る人によっては

    優しく見えたり

    厳しく見えたり。

     

     

    でね。

    僕は

    自分の感覚をすごく信頼していて

     

    いつも

    生地を触る時は

     

    ヒトと会話するように

    しています。

     

    こんな感じで書くと

     

    出たよ。

    職人的な表現。と思われるかもしれませんが

     

    僕等パン職人が

    一番触れるものが 人間よりも パン生地。

     

    自然とね。

    生地と

    対話するようになるもんなんです。

     

    それで。

     

    今日

    今年初の営業日。

     

    朝 しーんとした厨房で

    1人 生地に触れ

    作業台の上で

     

    丸め始めた時

     

    思わず ニヤッと笑ってしまいました。

     

    生地がね。

    嬉しそうなんですよ。

     

    僕の手が台に擦れるシュッシュッという音と共に

    パン生地の中にある空気が抜けてプチュプチュという音がして

     

    発酵のいい匂いがしてきてね。

     

    よし。

     

    良い感じ。

     

    そうこうしてるうちに

    1人、また一人と

    うちの子たちが

    出勤してきて

     

    あちこちで

    いろんな音を出しながら

     

    自分の仕事と向き合い

    顔を見ると

     

    僕と同じように笑顔でね。

     

    うん。

     

    良い感じ。

     

    そう思って

    またパンに触れると

    もっと嬉しそうで。

     

    この感覚を大事にしていこう。

     

    たぶん

    これこそが

    パン屋さんの特権だと思うから。

     

     

    2018.06.20 Wednesday

    スポンサーサイト

    0
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << June 2018 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recommend
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM