<< I've got you. | main | あのころと変わらず。 >>
2017.07.23 Sunday

パンが作りたいと思って ここにいるんだ。

0

    あー。

     

    最初に業務連絡です。

     

     

    あこうぱん

    先週の第三月曜日が 祭日で営業しましたので

     

    明日の第四月曜日が 定休日となります。

    翌日の火曜日も定休日なので

     

    スタッフにとって

    癒しの2連休にしてもらいたいと思ってます。

     

     

    僕はというと

     

    来月に大きなパンの仕事を

    赤穂市役所さんからいただき

     

    明日は そのパンの試作を作り

    打ち合わせ。

     

    翌日火曜日は

    朝から 夜まで

    神戸でパンの勉強会に参加させてもらいます。

     

     

    正直

    今のあこうぱんの製造現場は

    もうバタバタでして。

     

    シェフである僕と

    スーシェフであるフジコちゃん二人

     

    必死に駆けずり回って

    製造現場を回してます。

     

    僕に至っては

    朝0時半に起きて 14時まで

    ひたすら 走り回り

     

    小一時間昼寝をして

    16時から20時まで 

    翌日の仕事。

     

    この年で

    18時間も毎日 仕事するなんて

    思いもしなかったんですけど

     

    先ほど

    あこうぱん 2連休前に

    閉店後 1人で必ず行う

     

    排水溝の掃除を汗だくになりながら

    してたら

     

    この苦痛だらけの経験は

    必ず この先 何かの支えになるはず。

     

    そして

    スーシェフのフジコちゃんにとっても

    必ず 独立に向けて いい経験になるはず。

     

    そう思いました。

     

    ってか

    いい方向にもっていかなきゃいけない。

     

    だって

    僕は。

     

    いや

    あこうぱんの製造現場で働く

    僕たちは

     

    パンが作りたい。

     

    そう思って

    ここに居るんだから。

     

     

     

    今朝ね。

     

    あまりにも

    忙しく

     

    そして

    あまりにも

    仕事が遅れ遅れになってね。

     

    どこか

    空気がピリピリしてきたんです。

     

     

    いやいや

    ベテランだらけなら

    このピリピリも楽しめます。

     

    でも

    僕とフジコちゃん以外

     

    入って間もない子たちばかり。

     

    だから

    僕は

    みんなの仕事の手を止めて

    こう言いました。

     

    忙しさや

    大変さに負けちゃダメ。

     

    そんなことを理由に

    目の前の仕事を

    やっつけてしまってたら

     

    自分がやりたくって入社した

    この仕事が ただの苦痛になってしまう。

     

     

    忘れないで。

     

    僕らは

    パンが作りたくて

    ここに居るんだから。

     

    忙しくても

    大変でも

     

    パンを作ろう。

     

     

     

    そう伝えました。

     

    半分

    僕自身に言い聞かせてた部分もありますが(笑)

     

     

    するとしばらくして

     

    ここんところ

    毎日

    朝ごはんも食べる時間も作れない

    僕のために

     

    奥さんがお弁当を作って持ってきてくれてね。

     

    次のパンが焼きあがる

    4分間の間

     

    オーブンの前で

    あわてて

    弁当をかきこんでたら

     

    フジコちゃんが

     

    少しでも

    カラダを休めてください。

     

    そう言って

    椅子を持ってきてくれて。

     

    口いっぱいに

    ご飯を入れてるので

     

    モゴモゴとお礼を言い

    座って

    食べたら

     

    なんだか

    ポロポロと涙が出て来て。

     

     

    みんなを

    守りたい。

     

    そう思って

    必死に歯を食いしばって

    頑張ってる僕を

     

    実は

    みんなが労わってくれてるんだ。

     

    そう思ったら

    涙が止まらなくなって。

     

     

     

     

    疲れてる時に

    疲れてる顔なんて

     

    誰にだって出来る。

     

    僕はいつもの

    テンション高い白メガネのおじさんでいなきゃ。

     

    僕と

    一緒に頑張ってくれてる子たちに

     

    ありがとう。と感謝の気持ちを伝える代わりに

    僕は

    僕のパンを焼く。

    大切に。

     

    必ず

    良い方向に持って行ってみせます。

    必ず。

     

     

    2017.12.10 Sunday

    スポンサーサイト

    0
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recommend
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM