<< 夜あこうぱんのお知らせ。 | main | 明日は ホットドッグ!! >>
2015.06.12 Friday

愛を守る人。

0
    みなさん
    聴導犬ってご存知ですか?

    僕は
    essenceという団体に入ってて

    障害を感じる全ての人に潤いを。

    という想いに賛同していたにもかかわらず

    よく理解していませんでした。




    この前の火曜日
    友人から
    メールが届きました。

    内容は

    聴導犬のユーザーさんが
    赤穂に来られるので
    あこうぱんにも来てもいい?

    そういう内容でした。


    あこうぱんには
    車いすの方
    気にせずお入りください。というステッカーは貼ってますけど
    補助犬のステッカーは貼ってないので

    正直迷いました。

    そして
    こう答えました。

    あこうぱんは
    パンをむき出しで販売していているので
    難しいです。  と。


    すると
    その友人は

    わかりました。  と答え
    その答えを出すのも理解できます。と答えてくれました。




    すると
    翌日。

    別の友人からメールが来ました。
    そこには

    赤穂ではなかなか聴導犬というものを
    体感することは出来ないので

    無理かどうか?判断する意味を込めて
    会うだけあってみてはどうですか? と書いてありました。


    その時
    僕は
    がくぜんとしました。

    僕は
    自分の立場やお店のことを理解してほしい。

    そう言うことばかり主張して
    相手のことを理解しようとしてないことに気付いたんです。

    まずは
    なんでもやってみよう。

    そういう姿勢で何にでも望んでいたのに

    何で 守りに入ってしまってるんだろう。。。って。




    そして
    素直に
    間違いを認めて
    謝罪し

    聴導犬のユーザーさんと聴導犬と
    会うことを決めました。





    でね。
    会うことを決めてから

    僕はまず
    保健所に向かいました。

    目的は

    厨房とお店の境があまりない
    うちのようなお店に聴導犬を入れていいものなのか?

    もしいいとしても
    どういうことに気をつけたらいいのか?

    そこをアドバイスしてもらいに行ったんです。


    担当の方にお話させてもらったら

    案の定
    「あこうぱんさんの場合は ダメですね。」



    そういう返事が帰ってきました。


    えっ?ちょっと話が違うんじゃ・・・と思ったら
    後ろから
    上司の方があわてて出てきて

    「いや 法律が変わって 補助犬はどんな場所にでも入ることが出来るようになったんだよ」と
    教えてくれました。



    (これは 安藤さんの障害者手帳を見せてもらいました)

    そして
    アドバイスはない。。と言われました。。。

    保健所の帰り道
    考えました。

    保健所さんも間違うようなことを

    僕らお店が
    お客さんにどうやって伝えて行くべきなんだろう・・・って。



    答えが出ないまま
    昨日

    友人のがっちゃん(←本名ではないよ(笑))が
    連れてきてくれたのが



    特定非営利活動法人MAMIEの代表 安藤美紀さんと
    聴導犬のレオン君でした。


    さっそく
    ごあいさつして
    実際にお店の中を
    レオン君と歩いてもらいました。

    続いて
    レオン君のリードを
    安藤さんのかばんにつないで

    安藤さんは
    トレ―をもって
    パンを選び
    パンを買ってもらいました。


    耳の聞こえない安藤さんの耳となるよう
    周りを見ながら安藤さんを導き

    他の人たちの邪魔にならないように
    ぴったり
    安藤さんにひっついています。

    レジでお金を払う時も
    こんな風にして他の人たちの妨げにならないようにしています。

    でね。
    実際に目の当たりにしてみたら
    何の問題もないんですよ。これが。


    よっぽど

    しつけの悪い
    子供をほったらかしにして買い物に夢中になり

    子供があちこちのパンを触り

    挙句の果てには
    「お店の人に怒られるよ!!」っていう(お前が怒れよ!!って言いたいです(笑)) 

    ちょっとどうなん?って親子より
    スマートに買い物されてます。


    犬の毛が心配?

    大丈夫
    毛が飛び散らないように
    こうやって
    服を着せて
    頭もかぶれる様にしています。


    吠える?かみつく?

    とんでもない!!

    安藤さんとレオン君が
    お買いもの中に

    僕が後ろから
    レオン君のお尻を触っても
    絶対僕の方を見ません。

    訓練された聴導犬というのは
    仕事中は
    かまわれても
    絶対 相手にしないそうです。



    で。
    僕は
    安藤さんのお話が聞きたかったので

    たっぷり
    一時間 ちゃんとすわって
    ゆっくり 話を聞かせてもらいました。


    これは
    友人のがっちゃんが撮影してくれたものなんですが

    安藤さんの
    辛かった日々の話を聞いてたら
    泣きそうになってね(笑)

    恥ずかしい写真だけど

    それくらい
    ツライ思いをされてきてます。

    詳しいことは
    安藤さんの団体のHPに書いてます。
    http://mamie.jp/index.html

    ぜひ 読んでみてください。
    パラパラ漫画 おすすめです。
     http://mamie.jp/parapara.html

    でね。
    びっくりなのが
    この絵を書いてるのが
    この安藤さんなんです。

    ステキな絵ですよね。



    それで
    話を聞いてると

    いろんなところで
    入店拒否をされてるらしく

    レオン君はちゃんと訓練されてるから
    大丈夫です。

    そう言っても
    なかなかわかってもらえず

    そもそも
    耳が聞こえないので
    想いを伝えたくても
    伝えられないそうです。


    そこで
    僕は疑問を感じました。


    法律で
    お店は 入店を拒否することが出来ない。

    そうあるんだから
    最初から
    それを見せればいいんじゃないんですか?


    すると安藤さんが言いました。

    それをするのは
    本当に最後の最後。

    出来れば
    そんなものを見せずに
    理解してもらいたい。


    そう思ってるそうです。


    そして
    結局
    断られた時は
    一番に
    レオン君に謝るそうです。


    僕は
    この話を聞いた時

    喉の奥がギュウッってなって
    涙が出そうになりました。


    そして
    僕は 確信しました。

    「あぁ この人は 愛を守る人なんだ。」って。


    まずは
    相手のことを理解し
    そして
    自分のことを理解してもらう。

    そして
    想いが通じなかったとしても
    自分を嘆くのではなく

    相手のことを気遣う。



    彼女が守ろうとしてるのは
    愛そのもので

    彼女とレオンの間にも
    しっかり愛がある。



    僕は

    その愛に応えるには
    愛でしかない。



    そう思いました。


    そして
    僕は
    彼女とレオン君に約束しました。

    あなたとレオン君の足跡は
    必ず
    あこうぱんに残します。と。




    いろんな人たちに
    パンを買いに来てもらいたい。

    この想いには
    ちゃんと愛がある。

    このことは
    僕は自信を持って言えます。

    だったら
    いろんな人たちが買いに来られるような
    環境を作り

    理解してもらえるように努力していくこと

    このことに専心していくことこそが

    必死で愛を守ろうとする人を
    守ることが出来るんじゃないんだろうか?




    うちのスタッフが言いました。

    いろんなお店で働いてきましたけど
    聴導犬を連れてきたお客さんなんて
    今まで 来たことないです。


    来ないんじゃない。

    来れないんだ。



    だから
    あこうぱんは
    動きます。

    法律で決められてたから。でなく

    いろんな人たちに来てもらいたいから。


    安藤さん
    レオン君

    ステキな時間をありがとうございました。


    がっちゃん
    Azさん

    最高の縁をありがとうございました。


    僕も
    みなさんのように

    「愛を守る人」になれるよう

    これからも 頑張って行きます。




     
    2017.09.25 Monday

    スポンサーサイト

    0
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recommend
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM