2017.11.23 Thursday

僕の経営のこだわり。

0

    昨日は

    お昼までお仕事をした後

     

    赤穂御崎で

    新しく

    ハンバーガーを作るので

    意見を欲しいと誘ってもらい

     

    パンはうちのパンを使ってくれるとのことだったので

    パン屋さん目線で

    お話し出来たら。。とお邪魔させていただきました。

     

    極力

    言わなくてもいいことは言わないでおこう。。と

    ココロに決めて行って良かったと思っています。

     

     

    こだわりは人それぞれ。

     

    僕なら こうする。。と

    あこうぱんで言いなれてしまってるから

     

    ついつい

    言いそうになりましたが

     

    そこはグっとがまん。

     

    パンの扱い方。

    注意点。

    そのパンの良いところ、悪いところを

    お話しさせてもらってから

     

    あわてて

    帰って

     

    今日の祭日の仕込み。

     

    終わるや否や

    税理士の先生との経営勉強会。

     

     

     

    。。。10月の経営成績発表でしたが。。。。

     

     

     

    11月は頑張ってるんで良いことを祈ります。

     

    あまりにも

    凹みまくりで

    晩御飯もお風呂もなしで

    そのまま 寝ようとする僕に

     

    奥さんが 一言。

     

    ゆっくりお風呂に入って

    ちゃんとご飯を食べなきゃダメ。

     

     

     

    。。ですよね。

     

    ということで

    今日の祭日は

     

    ショックを引きずることなく(?)

    思いっきりパンを作らせていただきました。

     

    僕の経営のこだわり。

     

    毎日 ちゃんと する。

     

     

    子供っぽい言い方になるんだろうけど

     

    ちゃんとするということは

    ホント大事だと思うんです。

     

     

    経営をちゃんとする。と言っておきながら

     

    経営が上手くいかなかったから。。と言って

    自分の生活を ちゃんとしないなんて

    本末転倒ですもんね。

     

    しっかりしなきゃ。

     

    さあて

    明日も ちゃんと頑張ろう。

    2017.11.21 Tuesday

    ヘヘヘン⤴。

    0

      今日は朝から

      1人でお仕事。

       

      その後

      奥さんとコーヒーを飲みながら

      録り貯めたドラマを見てから

       

      お昼寝。

       

      。。。で

      そこで事件は起こりました。

       

       

      いつものように

      奥さんが

      「もう起きなさいよ。」と起こしに来たのだが

       

      今日はその後に

      衝撃的なことを言われたんです。

       

      「これから インフルエンザの予防注射を受けに行くからね。」

       

       

      ガーーーーーーン!!!

       

      一気に目が覚めました。。。。

       

      何を隠そう。

      実は

      僕は 大の注射嫌い。

       

      そもそも

      注射という字がもう既に 怖い。

       

      だから

      奥さんは

      いつも 予防注射に行くとき

      ぎりぎりになって言うんです。。

       

       

      怖いオーラを全面に出しながら

      いつもお世話になってる三木内科さんに行くと

       

      友人の事務長さんと看護婦さんが

      もう既にニヤけてるし(笑)

       

      ええ。

       

      ここでの注射順番合戦は もう毎年の定番でして。

       

      子供が小さい時は

      それなりに

      お前が先に行けよ!とかあったんだけど

       

      子供も大きくなり

      もめることなく

      「んじゃ うちが先に行ってくる。」と

      勇ましい発言なんかするもんだから

       

      余計に僕が浮くんです。。

       

      今日は体温計での体温の高いもん順で決めよう!となり

      結果 僕が一番最後で。

       

      一番最初も嫌なんだけど

      一番最後も嫌なんですよ。

       

      ドキドキしながら

      順番を待ち

       

      先に受けて来た娘が

      「お父さん めちゃ痛いで!」なんてビビらせてくるしねー。

       

      すると

      友人の看護婦さんが

       

      「それじゃ まこっさん おいで」と子供扱いですよ。。。

       

      三木先生も

      半笑いですしね。。。

       

      それじゃ

      チクッとしますよ。と言われた瞬間

      カラダを硬直させたみたいで

       

      見てた友人の看護婦さんが大笑い。。。

       

      はぁ。。。

      いくつになっても

      注射は苦手です。。。

       

      誰か

      偉い学者さんが 注射の飲み薬を開発してくれないかな・・

       

       

       

      でも。

      でもですよ。

       

      僕は 今年も受けましたからね。予防注射!!

       

       

      明日から

      職場で大威張りです。

       

      明日

      2連休明けで

      出社してきたみんなに

       

      直角に近いほどの

      上から目線で

       

      「お前らも ちゃんと注射してこい!」と言ってやろうっと。

      2017.11.20 Monday

      休みっていいよねー。

      0

        今日と明日

        あこうぱんは2連休を頂いています。

         

        ここんところ

        ホントにバタバタで

         

        僕の記憶が正しければ

        僕のこの前のちゃんとしたお休みは

         

        1か月前の2連休の初日だったように思う。

         

        で。

         

        今日は

        久しぶりのお休み。

         

        まあ

        明日は お仕事ですけど(笑)

         

         

        毎週休みの人からすれば

        僕のような人は 残念な人生を送ってるように

        思えるのかもしれませんが

         

        実はそうではありません。

         

        お休みが

        月に一回くらいしかないからこそ

         

        もう休みの前なんて

        テンション上がりまくりです(笑)

         

        今夜はゆっくり

        連続して5時間以上寝れる!!!と思ったら

        嬉しすぎて寝れません(笑)

         

        こういう時

        もっと休みを実感したければ

         

        敢えて

        目覚ましを

        いつものAM0:30にセットするんです。

         

        そして

        敢えて 起きる。

         

        そして

        ニヤニヤして

         

        起きなくていいもんねー。と言いながら

        目覚ましを消し

        また布団に潜り込むんです。

         

        この時の!

        この時の幸せと言ったら

        もう例える言葉が見つかりませんよ!

         

         

        昨日

         

        明日僕が久しぶりの休みだと知った

        スタッフが

         

        「明日のお休み 何かされるんですか?」と聞いてきたので

         

        「奥さんとデートする!!」と僕が言うと

         

        「結婚して20年以上が経ってるのに そんなに奥さんのことを想ってるなんて

        まこっさんって、ほんの一握りの人間なんでしょうねー。」と

         

        褒めてるのか けなしてるのか わからないようなコメントをくれました。

         

         

        まあ

        予告通り

        今日一日 奥さんといろんな買い物をしてきました。

         

        この後は

        のんびり ビールでも飲みながら

        一緒に映画でも見るつもり。

         

        休みが少ないからこそ

        こんな楽しみ方が出来ると思っています。

         

        さあて

        もう少し 休みを満喫するかー。

        2017.11.18 Saturday

        gaining through loosing.

        0

          今日もハードでしたね。

           

          夕方の仕込みを終え

          うちの奥さんから

           

          赤穂駅に

          息子を迎えに行ってほしい。と言われ

           

          エプロンをはずし

          免許証を持って車に乗り込む。

           

          そうだ。

          何か 音楽を聴こう。

           

          何気にかけた曲を聴きながら

          赤穂駅に着き

           

          息子が出て来るのを待ってたら

          この曲がかかった。

           

          平井堅さんの

          gaining through loosing。

           

           

          僕は僕の息子を誇りに思っていて

           

          もし

          僕が 息子と同級生なら

          絶対に友達になる自信がある(笑)

           

           

          高校生になり

          言葉数が少なくなり

           

          僕との会話も少なくなってきたけど

          これが男というもの。

           

          この曲を聴いてたら

          僕も 高校時代

          赤穂駅に親に迎えに来てもらい

           

          来てもらってるのに

          車内で ほとんど会話もせず

           

          でも

          どこか守られてるような

          そんな安心感があったな。。と思い出した。

           

           

          We've gaining one good thing through loosing another.

          I'm proud to be with you,my love.

          Now,you know the meaning of sunshine after rain.

          Let me tell you,Life is good,my friend.

           

          僕の拙い

          日本語に訳すと

           

           

          ステキなものを手に入れながら

          別の何かを失っている。

           

          でも 君と一緒に居られることを誇りに思うよ。

           

          別の何かを失ってきたからこそ

          今 

          雨上がりの後の太陽の意味もわかるんだ。

           

          友よ。

          人生は素晴らしい。

          そう君に伝えたい。 

           

           

           

          見ると

          寒そうに歩いてくる息子。

           

          ドアを開けて

          入ってくる息子に

          「おかえり」と伝えると

           

          こっちも見ないで

          「あぁ。」

           

          うん。

          これでいい。

           

          これがいい。

           

          この瞬間が

          僕の人生の

          大切な幸せ。なんだ。

           

           

           

          これからも

          僕は

          いろんなものを失うだろう。

           

          でも

          君と居られることを

          これからも

          誇りに思うよ。

           

           

          平井堅

          Gaining through loosing

          2017.11.17 Friday

          慕われてるんだよ。

          0

            あこうぱんで

            僕の右腕的な存在の

            ふじこちゃん。

             

            あっ。

            ちなみに彼女の名前はホントは ふじこ ではありません(笑)

             

            ちょっと

            引っ込み思案の

            それでいて

            ずけずけとモノを言う彼女が

             

            あこうぱんで馴染めるようにと

            彼女が入社するときに

            僕が命名したあだ名なんです。

             

            彼女も

            近いうちに

            自分でお店を持つ予定なんですが

             

            今年の春に

            送り出したその当時のスーシェフの清水に

            伝えてあげられなかった

            いろんな反省をプラスして

             

            今 いろんなことを

            彼女に伝えています。

             

            パン作りはもちろんのこと

             

            ヒトとの付き合い方

            自分のポリシーの表現方法

            お金のこと

            モチベーションの問題

             

            今日は

            人に仕事を任せながら

            自分の仕事を進めていく考え方を伝えました。

             

            時には

            彼女にとって

            耳が痛いようなことも 伝えます。

             

            彼女の弱い部分に塩を塗るようなことも

            伝えるようにしています。

             

            昔はね。

            こんなことは 言ったら傷つくだろうな。。と

            言わないことが多かったんですが

             

            僕の下で必死に働いてくれる彼女を

            信じているがゆえに 

            すべて 伝えています。

             

            なぜ?

             

            彼女なら理解してくれる。と思うからだし

             

            何より

            自分ひとりでやることになった時

             

            そこに僕は寄り添ってあげることが出来ないから。なんです。

             

            彼女はまだまだな部分もいっぱいあるし

             

            何よりも

            自分が今 

            どういう場所にいるのか?ということを

            まだまだ認識できていないところがあるようで

             

            今日

            はっきり伝えました。

             

             

            君は

            自分が思っている以上に

            出来る人です。

             

            そして

            今のあなたは

             

            あなたの下で働く女の子たちの

             

            希望であり

            憧れである。

             

            そのことを

            もっと自覚しなさい。と。

             

             

            確かに

             

            敬語は使えないし

            ガサツだし

            独り言が多いし

            よく失敗するし。。。

             

            。。。いや

            今 褒めてるんでしたね(笑)

             

            今から5年前

            僕と働きたいと言って

            京都から来てくれた彼女。

             

            そんな彼女に

            出来ることなら

             

            僕があこうぱんで経験してきた

            良いこと 悪いこと

            すべてを伝えてあげたい。

             

            本気でそう思っています。

             

             

            頑張れ。

            ふじこちゃん。

             

             

            2017.11.16 Thursday

            いとしき日々よ。

            0

              毎日が

              バタバタと過ぎていきます。

               

              そんな中

              昨夜

              アルバイトの女の子が

               

              急なんですけど

              赤穂を去ることになりました。と告げられた。

               

              聞けば

              その子の事情なので

              ここには書かないけれど

               

              その子が

              最後に放った言葉が

              胸に響いた。

               

              こんなこと

              急に起こるなんて

              想いもしませんでした。。と。

               

               

              そうなんです。

               

              いろんなことは

              急に起きます。

               

              だから

              毎日を愛おしく過ごせるんです。

               

              そして

              大人になればなるほど

               

              この急に

              告げられる別れに

              いつもココロの準備が出来るようになるのです。

               

              そして

              いつか来る

               

              自分の大切なヒトとの別れを迎えることになるんです。

               

               

              その子に伝えました。

               

              これから

              君は こういう別れをたくさんすることになる。

               

              必ず

              出会いがあれば その数だけ別れがあり

               

              急に来る その別れの日に

              後悔しないような毎日を過ごしなさいね。

               

               

              そう伝えながら

              毎日をバタバタとしか過ごせていない自分を恥じた。

               

              今 この

              瞬間こそが

              僕にとっての

              いとしき日々。

               

              毎日は

              連綿と続く日々ではない。

               

              いとしき日々なんだよ。

               

              そのことを

              思い出させてくれた。

               

              生きてるのは

              過去でも未来でもない。

               

              今 この瞬間なんだよね。

               

              明日も

              いとしき日々となれるよう

              頑張ります。

               

              平井堅

              いとしき日々よ

              2017.11.14 Tuesday

              僕も同じなんだよ。

              0

                この前

                 

                女性スタッフの子供さんが

                 

                最近 小学校に行きたがらず

                休みがちなんです。。という話をしてくれた。

                 

                その時は

                そうなんだ。。。とその話を受けることしか

                出来なかった。

                 

                なぜか?

                 

                たぶん

                良い恰好したくて

                 

                それっぽいことを

                彼女に話そうとしたから。。なんだと思う。

                 

                彼女が帰った後

                ずっと考えてました。

                 

                彼女にどう言えばよかったんだろう?って。

                 

                優しい言葉?

                根拠のない 大丈夫?

                受け流し?

                 

                あれこれ

                考えてたら

                 

                !!って思った。

                 

                僕もそうだったじゃないか!!って。

                 

                だから

                翌日

                彼女に正直に伝えました。

                 

                昨日は

                そうなのか。。としか言えなかったけれど

                 

                実は

                僕も そうだったんだ。って。

                 

                 

                僕の場合は

                高校まで 真面目に勉強しててね。

                 

                でも

                親元を離れて

                大学に入った途端

                 

                自分で勉強する意味が見つけられず

                大学4年のところを8年も行き

                 

                挙句の果てに

                単位が 1 足らず

                中退したんだよ。って。

                 

                でも

                そんなときに

                奥さんと出会い

                人生が変わったんだよ。

                 

                 

                恥ずかしい話だけれど

                 

                そんな自分でも

                 

                今 こうして

                人と向き合って仕事をさせてもらい

                 

                大切な家族と

                職場のスタッフ 

                お客さんが出来て

                生きがいも出来たんだよ。

                 

                だから

                他の子と比べて

                うちの子は。。。なんて悲観したりせず

                 

                思いっきり

                悩ませてあげたらいいんじゃない?

                 

                お母さんが

                必死に働く姿を見せていれば

                必ず

                自分の存在が 誰かの力になってる。ってことに気付ける日が来るよ。

                 

                僕のように。

                 

                 

                僕の両親と

                僕の奥さん、奥さんの両親が

                僕を信じてくれたように

                 

                息子さんを信じてあげてよ。

                 

                頑張り屋さんのあなたの子供だもん。

                必ず この つまづきを活かせる日が来るから。

                 

                転んでも

                転んだ回数分

                 

                起き上がれば 何も問題ない。

                 

                。。。どころか

                 

                転んだ回数の多い人の方が 

                より ヒトに優しく出来るようになると思うよ。

                 

                 

                そう彼女に伝えました。

                 

                彼女は

                想像もしてなかった僕の告白に

                びっくりしてましたけど

                 

                僕も

                自分の失敗を

                笑顔で語れる自分に

                びっくりしてました(笑)

                 

                みんな

                いろんなことを抱えてる。

                 

                それでも

                あなたのことを

                大切に思ってくれる人がいます。

                 

                そのことに

                彼女の息子さんが気付ける日が来る。と僕は信じる。

                 

                だって

                僕も同じだったんだもん。

                2017.11.13 Monday

                君にしか出来ないことが 必ずある。

                0

                  この前のこと。

                   

                  何かを成したいと思ったら

                   

                  会社の労働時間だけでなんて

                  出来やしないんだよ。

                   

                   

                  あこうぱんで働いてくれる

                  若い子に

                  そう伝えた。

                   

                   

                  その試合に勝ちたい!

                   

                  そう思って臨む試合の開始5分前に

                  試合会場に行くだろうか?

                   

                  どうしても

                  この試験に合格したい!

                   

                  そう思って臨む試験の開始5分前に

                  試験会場に行くだろうか?

                   

                  違うよね。

                   

                  たぶん

                  こんな子は

                   

                  試合にも勝てないだろうし

                  試験にも合格しない。

                   

                  こんな話をすると

                   

                  あこうぱんは

                  労働基準法も守れないのか?とか

                  言われるかもしれない。

                   

                  でもね。

                   

                  ホントに

                  自分が望むものを得たいなら

                   

                  そんな誰かが決めた基準に沿って

                  何が得られるの?

                   

                  この道で

                  生きて来て

                  ホントにそう思う。

                   

                   

                  人は

                  何のために働いて

                  人は

                  何のために生きていくのか?

                   

                   

                  お金のために働いて

                  自分のために生きるんだ。という人とは

                   

                  たぶん

                  僕は話が合わない。

                   

                  合わせる必要もないとさえ思う。

                   

                   

                  人は

                  自分を成長させるために働き

                   

                  人は

                  自分を大切に思ってくれる誰かのために生きるんだ。

                   

                  だから

                  辛いことも乗り越えられて

                  自分以外のいろんな人を大切に出来る。

                   

                  僕はこう思う。

                   

                   

                   

                  社会で

                  何かを成し遂げられる大人になろう。

                   

                  僕も

                  そのために頑張ってる。

                   

                  必ず

                  あるはずだよ。

                   

                  君にしか出来ないことが。

                   

                   

                   

                  2017.11.10 Friday

                  その人にとっては 大切な一個。

                  0

                    明日も

                    いろんな注文を頂いてます。

                     

                    パン一個の注文も

                    パン百個の注文も

                    同じく大切に作りたい。

                     

                    だって

                     

                    手にする

                    その人にとっては

                    大切な 一個 なんだから。

                     

                    あと

                    4時間後に

                    始まる

                    明日のために

                     

                    今一度

                    自分に言い聞かせよう。

                    2017.11.09 Thursday

                    ヒトを見る力が僕には必要なのかもしれない。

                    0

                      友人が

                      SNSに

                      自分の作ったパンを載せていた。

                       

                       

                      んー。

                      これは。

                       

                      と思った。

                       

                      そのSNSには あえてコメントはしない。

                       

                      だって

                      良いと思ってるから載せてるんだろうし。

                       

                      で。

                      今日 その本人と会ったので

                       

                      ここをこうしたら

                      もっと美味しくなるんじゃないのかな。と話した。

                       

                      でも

                      その当人に

                       

                      「否定」と取られてしまった。

                       

                       

                      僕は

                      自分の職業をひけらかすわけでも

                      自分の技術を見せびらかすわけでもなく

                       

                      パン屋さんとして

                      こうすれば。。と伝えたつもりなんだけど

                       

                      当人からすれば

                       

                      プロから

                      ダメだ。と言われたら

                       

                      そりゃ凹むよね。

                       

                      でも。

                       

                      僕は作るんなら

                      もっと良いものを作りたい。と思う。

                       

                       

                      スゴイよね。

                      上手だよね。と

                       

                      まあ アマチュアなんだから 

                      これでいいんじゃない。と接するのと

                       

                      次 作るのなら

                      ここをこうした方が、、と接するのと

                       

                      どちらが

                      プロとしての接し方なんだろうか。。

                       

                       

                      そして

                      その当人が上手だと褒める

                       

                      その友人の作るパンも

                      時々 SNSにあがってて

                       

                      あのパンをお手本にしちゃいけない。と

                      言った僕の言葉にも

                      びっくりしてたみたいで。。。

                       

                       

                      確かに

                      家庭での製パンには限界がある。

                       

                      プロじゃないんだから。。と

                      言われたら それまで。

                       

                      でも

                      大切なヒトに

                      大切な時間を使って作る 

                       

                      そのパンは

                      改良の余地があり

                      そこを変えれば もっと美味しくなる。とわかってるのに

                       

                      プロの僕が

                       

                      まあ アマチュアなんだから。。と見限ることの方が

                      もっと 相手にとって失礼だと思ってしまうのです。

                       

                       

                      でも

                      その子が

                      その後 不快な思いを抱いてたように見えて

                       

                      言わなきゃよかったな。。と反省しました。

                       

                       


                      パンを見る力はある程度あるんだけど

                      ヒトを見る力がまだまだ僕にはないのかもしれないですね。

                       

                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      PR
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM