2017.09.25 Monday

遠く遠く。

0

    前回のブログで

     

     

    僕のことを心配して

    奥さんに 今度の連休 一日は休みなさい。と

    言われ

    無理やり 休むことにしました。

     

    という内容の話を書いたら

     

    今朝

    フランスから

    長文のメールが届いた。

     

    内容は

     

    あなたのことを想ってくれる奥さんが

    あなたのことを心配してくれてる。

     

    仕事で

    あなたの代わりになる人は 誰かいるだろうけど

     

    あなたのことを一番に心配してくれる

    あなたの奥さんを守る

    あなたの代わりはいないんだよ。

     

    だから

    ちゃんと奥さんの言うことを聞いて

    ちゃんと休みなさい。という内容だった。

     

     

     

    昨日は

    あこうぱん連休前でもあり

    日曜日でもある。

     

    そのうえ

    いろんな特注のパンも入ってて

     

    そのうえ

    あこうぱんで20年近く働いてくれた

    女性が 

    これからは 主人と二人で終活をします。とのことで

    今日が 最後の日。

     

     

    ホントに

    バタバタな朝に溺れないよう

    あっぷあっぷしてる時

     

    携帯が

    メール着信を知らせ

     

    スタッフに

    焼いてるパンを見てもらっての

    メール確認をしたら

     

    フランス・サンセールに住む

     

    僕の尊敬する女性でもあり

    僕の大切な友達でもある

     

    juliさんからだった。

     

    長い長い

    そのメールは

     

    それだけ

    僕のことを気遣ってくれてる証。


    うれしかった。

    そして

    ありがたかった。

     

    読み終えると

    いつもの悪い癖で

     

    ボロボロに 泣いていて(笑)

     

    あわてて

    オーブン前に戻りたいけれど

     

    号泣した顔で

    スタッフたちのところに戻るのもなぁ。。と思ったけど

     

    聞かれたら

    juliさんからのメールに感動したから。と答えようと

    意気込んで帰ると

     

    実際

    みんな忙しくて

    僕の顔なんて 見ちゃいない(笑)

     

     

    バタバタとした一日を終え

    夕方

    オーブンの掃除をしながら

    聞いてた音楽が

     

    僕の好きなアーティスト

    槙原敬之さんの

    「遠く遠く」になった。

     

     

    遠く

    遠く

    離れていても

     

    僕のことがわかるように

     

    力いっぱい輝ける日をこの街で迎えたい。

     

     

     

    僕には

    遠く遠く離れたフランスから

    気遣ってくれる友人がいる。

     

    気遣ってくれる友人も

    日本から

    遠く遠く離れたフランスで

    頑張ってるというのに。

     

    頑張んなきゃ。

     

     

     

    見ると

    ピカピカになった

    オーブンのガラスに映る僕の顔は

    また 涙でグシャグシャになってて。

     

    今度は

    誰もいないから まあ いいか。

     

    一日の中で

    うれし涙で 2回も泣けるなんて

    僕は幸せ者です。

     

     

    juliさん

    メールありがとうございました。

     

    明日

    しっかり休みます。

     

     

     

    ・・・というところまで書き終え

    昨日は 寝落ちしておりまして(笑)

     

     

    今日は 9時間くらいは寝たので

    いつもの3倍元気です。

     

    今日

    一日

    大切な奥さんと べったり過ごすことにします!

     

    彼女は 嫌がるかもしれませんけど(笑)

     

     

     

    槙原敬之

     

    遠く遠く

     

    2017.09.22 Friday

    ドアの向こうへ。

    0

      次から次へと

       

      考えることが

      押し寄せて来て。

       

       

      次から次へと

       

      やることが

      押し寄せて来て。

       

      そして

       

      次から次へと

       

      結果を

      求められて。

       

       

      何もできなかった

      あのころ

      夢見た場所に

       

      立ってるはずなのに。

       

       

      なんだか

      ずーっと

      頑張らなきゃ。と思いすぎて

       

      もう頭の中がグチャグチャ。

       

       

       

      定休日も仕事をし続けて

      今月は 一日も休めてない。

       

      そんな僕を見て

       

      奥さんから

      一言。

       

      今度のあこうぱんの連休

       

      一日は

      森のシュトレンを作らなきゃいけない仕事が

      入ってるから やらなきゃいけないんだろうけど

       

      もう一日は

      無理やりでもいいから

      休みなさい。

       

      休まない頭で考えたって

      いいものが出来ないことくらい

      わかってるはずだよ。

       

      とのこと。

       

       

      ですよね。。。

       

      でもね。

      焦るんですよ。

       

      来週までに

      音楽祭に来てくれる

      アーティストのパンを14種類考えて

       

      再来週までに

      11月1日のあこうぱんリニューアル5周年の

      詳細を詰めて。

       

      この膨大な2つの部屋のドアに

      手が届きさえすれば

      少しは 安心できるんですけど

       

      全然 届かない。

       

      自分を信用していないわけじゃないんだけど

       

      この 0から1 にすることが

      何度経験しても

      苦しくて ツライ。

       

      疲れてるとね。

      ネガティヴに

      考えてしまったりするしね。

       

       

      ホントに

      お前 出来んの?と

       

      にやけた顔で意地悪なことを言う自分がいて。

       

      ここくらいが

      お前の限界なんじゃない?と

       

      真顔で説き伏せる自分がいて。

       

      そのたびに

       

      いや。

      そんなことない。

       

      そう思いたい。

       

       

       

      そう思ってた時

       

      今日 音楽祭のパンの試作をしながら

      聞いてた曲で

       

      ステキな曲と出会った。

       

       

      ドアの向こうへ。という曲。

       

       

      もう一度立ち上がれ

      何度でも立ち上がれ

       

      あの日誓った夢が

      叶うその時まで

       

      ずっと

      ずっと

      手を伸ばそう。

       

       

      昨日より

      近づいてる。

       

       

       

       

      そうだよね。

       

      確かに

      結果を求められる場所にいるけれど

       

      結果まで

      苦しんだ過程も

      僕の進んだ道。

       

      この

      もがき悩んだ日々が

       

      必ず

      ドアへの距離を

      縮めてくれてる。

       

      今までも

      そうだったように。

       

       

      なんだか

      勇気もらいました。

       

      良い曲です。

      ぜひ聞いてみて。

       

      fumika  ドアの向こうへ。

       

      2017.09.19 Tuesday

      天地と同じ。

      0

        実質

        僕はパン屋さんです。

         

        そして

        そこらへんにいる人たちより

        パンのことには詳しいです。

         

        そして

        うるさいです。(笑)

         

        でも

        どこまで

        行っても

         

        「理解した。」とは言えません。

         

         

        先日

        うちのパン好きスタッフが

        僕に こう言いました。

         

        パンを焼く人が まこちゃんに代わってから

        パンが美味しくなったよ。

         

        と。

         

        ちなみに

        僕は まがりなりにも社長を

        やらせてもらっていますが

         

        このスタッフは ずっと僕のことを

        こう呼ぶので 別に気にせず

        受け入れています(笑)

         

        正直

        うれしい気持ちもあります。

         

        でも

        まがりなりにも

        僕はシェフなので

         

        そりゃそうでしょうよ。

         

        という気持ちもあります。

         

         

        昔はね。

         

        パンに対して

        かっこつけてました。

         

        より良く

        見せてやろうと。

         

        僕が オーブンを担当してたら

        こんなに カッコよく焼けるんだぞ。と。

         

         

        でも

        今は違う。

         

        今のパンの状態を見て

         

        このパンなら

        こうしてあげた方が 喜ぶかな。。とか

         

        この状況だと

        こうすべきでしょ。と思って

         

        パンに向き合ってる。

         

        結果

        美味しいにつながってるように思うんです。

         

         

        自分の

        一生をかけた仕事

         

        パン屋さん。

         

         

        それを

        自分の表現方法だとか

         

        自分そのもの。といった

         

        どこまで行っても

         

        「我」の世界を貫く人もいます。

         

         

        でも

        僕は

         

        それはあまりにもちっぽけなように思えるんです。

         

         

        自分の一生をかけた仕事は

         

        自分ひとりにとどまらず

         

        「天地と同じ。」

         

        そう思える

        仕事にしていけたらな。と思うんです。

         

        なんだか

        難しく言ってしまって

        すいません。

         

        でも

        だからこそ

         

        どこまで行っても

        理解した。とは言えず

         

        一回しかない

        自分の命をかけられるもの。と成り得るのだと思うのです。

         

         

        みなさんの仕事はどうですか?

        2017.09.18 Monday

        ブラームスを聴きながら。

        0

          あっという間に

          もう月曜日ですね。

           

          明日は定休日で

          ゆっくりしたいところですが

           

          明日は

          年4回行われる

          パンの勉強会に行ってきます。

           

          この勉強会は

          ただ勉強するだけでなく

           

          お題を頂き

          自分で解釈を加え

           

          自分のパンを

          作るんです。

           

          もちろん

          そこに

          自分の

          パン作りへの哲学的なものも込めて。

           

          参加するのは

          京都、大阪、神戸、岡山、広島、香川など

          10店舗くらいのシェフたち。

           

          このシェフたちに食べてもらいながら

          いろんな意見を頂き

          より良いものに導く。といった会なのです。

           

          今回のお題は

          お正月のパン。

           

          「クーロンヌ・デ・ロワ」

          もう今では すっかりおなじみになった

          お正月の

          「ガレット・デ・ロワ」のパンバージョン。

           

           

          毎回

          悩むんですけど

           

          今回は特に悩みました。

           

          出来れば

          赤穂という土地柄を活かしたものに

          仕上げたかったというのと

           

          3年前に僕の家族みんなが

          お世話になった 

          フランス カンシーのダニーのおうちに

          もし持っていくなら。。という設定を

          自分に与えて 作ったもんだから

           

          もうね。

          大変でした。

           

          この宿題をやりながらの

          毎日の仕事でしょ。

           

          それに

          台風直撃を含めた

          この3連休でしょ。

           

           

          こういう時

          僕は 寝てても

          このことを考えてるんで

           

          もうね。

          精も根も尽き果てました。。。

           

          おかげで

          ヘルペス再登場です(笑)

           

           

          何度も失敗し

          そのたびに

          自分は こんなもんなのか・・・と落ち込み

           

          いや。

          まだまだ。と立ち上がり。。の繰り返しで

           

          昨夜

          なんとか ギリギリで完成しました。

           

          こういう

          精神的にも

          肉体的にも

           

          ギリギリのところまで

          自分で自分を追い込むとき

           

          僕は
          必ず ある曲を

          ひたすら聞き続けます。

           

          それは

          僕の大好きな曲

          ブラームスの交響曲第一番。

           

          通称

          ブラ1です。

           

          この曲は

          暗から明へと移り行く様を

          素晴らしく表現していて

           

          この

          暗から明への移り行く様は

          言葉で表現できないもので

           

          音楽だからこそ

          表現できる

           

          いわゆる

          絶対音楽というものらしく

           

          今は

          ひたすら

          失敗していても

           

          必ず

          最後には 自分で

          自分を褒めたくなるような

           

          そんなものに

          僕は出来るんだ。

           

          そう音楽が

          僕に教えてくれるような気がして

           

          毎回

          ピンチに陥ると

          聞いてます。

           

          このブラ1は

          指揮者によって

          全然 別物になるんで

           

          僕は このブラ1のCDを

          何枚も持っています。

           

          いやいや

          パンの話でしたね。

           

           

          3年前

          ダニーのおうちで

          お昼を頂き

           

          さんざん食べた後に

          ダニーの奥さんの手作り

          ブッシュドノエルが来て

           

          もう食べられない!!と思ってたら

           

          「ショコラよー。」と来て

          僕の家族全員

          ずっこけたことを覚えています(笑)

           

           

          みんな 満腹なのに

          フランス人は

          ショコラは 別腹らしく

           

          みんな笑顔でショコラをほおばってたことを

          思い出し

           

          クーロンヌの生地から

          ショコラで作りました。

           

          もちろん

          パンの中にも

          ショコラを詰め込み

           

          上のナッツたちには

          キャラメルをまとわせ

           

          間にもショコラをのせています。

           

          そして

          実は

          このパンにもキャラメルにも

          食物繊維豊富な

          ファイバリクサという食材を使っていて

           

          このクーロンヌを1/4食べると

          一日に必要な食物繊維の1/4を摂取できるだけでなく

           

          このファイバリクサが

          糖と油脂の吸収を抑えるので

          食べても

          太らない。という面白いものにしています。

           

          キャラメルもショコラも

          苦味重視にしているので

           

          仕上げに

          上に振りかける 赤穂の塩が

          一層 甘みを引き立て

           

          塩を振りかけるお菓子という

          世の中では あまり見かけないものに

          仕上げました。

           

          さてさて

          明日のみんなの反応が楽しみでもあり

          恐怖でもあります。

           

           

          明日を乗り越えたら

          やっと 音楽祭のパンに取り掛かれます。。

           

          はぁ。。

          いつになったら

          お休みがいただけるんだろう。。。

           

          とにかく

          頑張るしかないね。

           

           

           

          もし

          今あなたが

          苦境に立たされてるなら

          必ず あなたを助けてくれると思いますよ。

           

          ブラームス交響曲第一番

          これは カラヤンですね。

           

          2017.09.17 Sunday

          応援する理由。

          0

            ブログや

            あこうぱんのFBに

            あれこれ書いてないけど

             

            いろんな人を

            パンで応援してる。

             

            まあ

            こんなこと

            別に

            取り上げて

            どうこう言うつもりは ないので

            書いてませんが

             

            この前

            僕がパンで応援してる

            大学生たちの活動のことで

             

            その学生たちを教える

            教授から

            お礼のメールを頂き

             

            面と向かってなら

            あれこれ話すことは出来るんだけど

             

            文字に起こした時

            どうやって

            彼女に返せばいいのか?

             

            何度も書いては 消去して

            あれこれ繰り返してる時に

             

            今朝

            赤穂で 新しく

            こどもしょくどうを始めた代表の方が

             

            その時に

            僕がパンを差し入れしたことの

            お礼を 台風だというのに

            わざわざ言いに来てくれて

             

            その人の笑顔を見て

            そうだ。と思ったんです。

             

             

             

            僕は

            赤穂に帰って来てから

             

            いろんなことをしてきました。

             

            青年会議所や

            商工会議所の青年部的な活動は

            どうも苦手で

             

            僕は一貫して

            パン屋さんという立場で

            パンで

            未来のために

            いろんなことをしてきました。

             

            当然

            そのことに対して

            いろんなことを言う人もいます。

             

            大概

            そういう人は

            表面だけ見て。とか

            結果だけ見て。とか

             

            そうして

            あなたのために言ってあげてる的に

            話します。

             

            僕は

            商売をしてるので

             

            うるさいな。とは言えません。

             

            時には

             

            あんたのところに いくら入るの?と言われたり

            商売上手だよな。と言われたり。

             

            悔しくて

            友人の前で号泣したこともありました。

             

             

            あれから

            10年以上が過ぎました。

             

             

            だからね。

            わかるんです。

             

             

            誰かのために

            必死でガンバッテル

             

            辛さが。

            苦しみが。

             

            後悔が。

            迷いが。

             

             

            誰かのために

            何かをする人は

             

            それだけ

            時間的にも

            金銭的にも 余裕があるから

            やってるんじゃない。

             

            辛く思い

            苦しみながら

             

            後悔の連続を繰り返し

            未だ迷い続けても

             

            そうしたい。

             

            そう思って

             

            必死で足を前に出してる。

             

            その姿を見て

            周りは

            口では言うでしょう。

             

            応援してます。とか

            すごいね。とか

            頑張ってね。とか

            何かあったら 言ってね。とか。

             

             

            僕は

            変わり者なので

             

            いつ行くかもわからないのに

             

            「今度ご飯に行きましょう。」的な会話が大嫌い。

             

            だから

            僕は

             

            誰かのために

            何かを成そうとする人に

             

            口先でどうこう言わず

             

            このパンを食べて。とだけ告げて

            パンを渡しています。

             

            いつか

            パンの注文をもらいたくてしてるんじゃない。

             

            あれこれ

            適当なことを言わず

             

            パン屋さんとして

            その人を笑顔にするために

            パンを作ってるだけ。なんです。

             

            誰かのために

            何かを成そうとする行為は

             

            もう不安でいっぱいだと思うんです。

             

            そんなときに

             

            傍らに 地元のパン屋さんが作ったパンが

             

            もう少し 頑張ってみるか。。

             

            そう思えるものに成り得ると

            僕は信じています。

             

             

            だから

            僕は パンを届けてるんです。

             

             

            おせっかいは 重々承知です(笑)

             

            それでも。と思うのは

             

            あなた方が

            誰かのために。と思って動くのと同様

             

            僕も

            あなたたちを応援したい。

             

            そう思ってるから。

             

             

             

            普門寺こどもしょくどうの代表

            氏部さん。

             

            今日は 台風の中

            お店に来てくれてありがとうございました。

             

            あなたの笑顔で

            僕は 

             

            僕の中にある想いを

            言葉にすることが出来ました。

             

             

            関西福祉大学

            市橋先生。

             

            拙い文章ですが

            これが僕の想いです。

             

            いつも。とはいかないと思うけど

            タイミングが合えば

            これからも応援させてください。

             

            あなたが

            厨房にわざわざ

            入って来てくれて

             

            熱い想いを語ってくれたこと

             

            こんなカタチでしか

            返せない不器用な僕ですが

             

            赤穂の子供たちに。と頑張ってくれてる

            大学生が

            赤穂を離れ

             

            社会人になり

            親になり 当時を懐かしむようになった時

             

            赤穂を笑顔で語れるよう

            僕は僕の出来ることで

            応援していくつもりです。

             

             

            あこうぱん すずきまこと。

            2017.09.12 Tuesday

            今の自分を把握してる?

            0

              最近思うんです。

               

              僕は ちゃんと

              今の自分を理解してるんだろうか?って。

               

               

              修業時代

              僕が至らないばかりに

              職場の

              誰も口を聞いてもらえず

               

              悔しくて悔しくて

               

              当時住んでた

              姫路の田寺という場所の

              坂道の上から

               

              「絶対にビッグになってやるー。」と

              泣きながら 叫んだ26歳の冬。

               

              ココロを壊してまで

              やる仕事なんてないよ。

               

              と奥さんに助けられ

               

              泣く泣く憧れだった

              神戸の名店を辞めた31歳の春。

               

              あんたの作るパンは

              ややこしくて よくわからんわ。

               

              と言われ 

              こんな田舎の田舎もんには

              僕の作るパンなんて

              わからない。と 尖がるだけどんがってた36歳の秋。

               

               

              初めての手術入院中に

              僕があこうぱん不在中

               

              あなたの

              功績が認められて

              今度 兵庫県知事と対談することになったよ。

               

              と奥さんに電話で聞かされ

              こんな大きな話なのに

              僕の居ない中で 話が進んでることに驚いた43歳の秋。

               

               

              そして

              今。

               

              定休日も

              何かと仕事を頂き

               

              いろんな方々と

              いろんな仕事をさせてもらえるようになった47歳の秋。

               

              これまでは

              今の自分というものを

              ちゃんと認識できず

               

              毎日をホント 必死に生きて来たけれど

               

              これからは

              もっと

              自分というものを客観的に

               

              そして

              別の場所から見て

              考えていく。

               

              そんな年になってきたのかもしれないな。

               

              ゆっくりする。という意味ではなく。

               

               

              一枚の葉に囚われては

              一本の木を見ることは出来ず。

               

              一本の気に囚われては

              森全体を見ることは出来ない。

               

              見るともなく見る。

              全体を見渡せる。

               

              そんな生き方にシフトしていかなきゃいけないんだろうな。

               

              たぶん

              そんな生き方にシフト出来た時

              初めて

              今までの苦労が報われるような気がしてる。

               

              今の自分を確かめていれば

              行けるような気がしてる。

               

               

               

              さて

               

               

              今日は

              先ほどまで

               

              花岳寺さんのパン教室でした。

               

              これから

              岡山での業者さんの展示会に

              あこうぱんスタッフ引き連れて
              勉強しに行ってきます。

               

              とりあえず

              今日の自分のスケジュールは確かめました。(笑)

               

              気を付けて

              行ってきます。

              2017.09.07 Thursday

              しみるね。

              0

                本当のことは

                歌の中にある。

                 

                照れくさくて言えないことも。

                 

                 

                 

                今日

                いろんな方から

                頂いてた5つの宿題のうちの

                ひとつが終わった。

                 

                 

                今日の締め切りのお相手は

                赤穂化成さん。

                 

                新商品のレシピ作りを依頼してくれて

                5種類作らせてもらった。

                 

                たぶん

                もうすぐ

                ここに僕のパンが載る。

                (月ごとのパンを考えてみました。)

                http://www.amashio.co.jp/recipe/shinysalt/

                 

                 

                うれしいことです。

                 

                ここんところ

                ずっと

                このシャイニーソルトの使い方に悩み

                苦しみ 考え抜いてきました。

                 

                そんな時

                僕の奥さんは 絶対に僕に何かを諭すようなことはしない。

                 

                僕のやりたいようにやらせてくれる。

                 

                なぜ?

                 

                僕は

                僕が納得いくまで手を止めない。ということを

                彼女は知っているから。

                 

                そして

                昨夜遅く やっと5種が完成した。

                 

                そして

                やっと

                僕は 彼女に

                お願いした。

                 

                このパンを

                女性が

                「わぁ!」というような飾りつけにしてほしい。と。

                 

                ひとつ

                ひとつ

                彼女にパンの説明をしたら

                 

                今日。

                 

                彼女は何も言わず

                見事なまでに

                僕のパンを飾り付けてくれた。

                 

                忙しいのにしてやったよ。とは言わず

                 

                笑顔で

                これでいい?とだけ。

                 

                 

                 

                うれしかった。

                そして。

                 

                僕には

                この人がいなきゃダメなんだな。と。

                 

                 

                夕方

                オーブンの掃除をしてる時に

                 

                ふとかかった曲。

                 

                斉藤和義さんの

                歌うたいのバラッド。

                 

                 

                僕は

                もしかしたら

                 

                この曲の中での

                 

                「言えなかった言葉」を

                必死にパンに代えて

                毎日 作ってるのかもしれないな。

                 

                 

                 

                 

                斎藤さんのもいいですけど

                このBENIさんのもいいですよ。

                 

                歌うたいのバラッド BENI

                2017.09.05 Tuesday

                マーラー交響曲第五番。

                0

                  最近

                  朝から

                  仕事中に

                  良く聞いてる曲です。

                   

                  雰囲気も全然違うけれど

                  僕の大好きな

                  ブラームスの交響曲第一番のような

                  暗から明に行く感じが

                  とても好きなんです。

                   

                  特に好きなのが第四楽章。

                   

                   

                  それで。

                   

                   

                  さいきん

                  めっきり涼しくなって

                  仕込みは大変なんだけど

                   

                  仕事がしやすくなりました。

                   

                  そんな話を

                  早朝スタッフの女性としてて

                   

                  この涼しい季節を「良し。」と思えるのは

                  実は

                  苛烈なまでの暑さがあったからこそであって

                   

                  称賛すべきは

                  この涼しさではなく

                  その前の暑さなんじゃないのだろうか?

                   

                  そんな問いかけを彼女にしてみると

                   

                  いきなりの

                  僕の真面目な質問に

                  どぎまぎしながらも

                   

                  しみじみと

                  「そうですよね。」と。

                   

                  そして

                  彼女が続けて

                   

                  そしたら

                  今のこの

                  人手不足の大変さも

                   

                  いつかは

                  あの人手不足の大変さがあったから。。と

                  言える日が来るのかもしれませんね。。と

                   

                  すると

                  今度は僕が

                   

                  しみじみと

                  「そうなりたいね。」と。

                   

                  そんな中

                  厨房で流れる

                  マーラーの交響曲第五番が

                  第三楽章から第四楽章へと変わった。

                   

                   

                  僕は

                  ブラームスの交響曲第一番の第二楽章が大好きで

                   

                  このマーラーの5番では

                  同じ 静かでさわやかで優しい雰囲気の第四楽章が大好きなんです。

                   

                   

                  その時

                  ふと

                  思ったんです。

                   

                  なんだか

                  重たく暗い

                  この五番の第三楽章があるからこそ

                   

                  僕の大好きな第四楽章が爽やかに綺麗に

                  そして優しく映るんじゃないんだろうか。。と。

                   

                   

                  毎日

                  生きてると

                  どうしても

                  その一面を取り上げて

                   

                  良いとか悪いとか

                  決めたがるけれど

                   

                  連綿と続く毎日には

                  意味があり

                   

                  このマーラーの交響曲第五番の

                  最終楽章 第五楽章のように

                  雄大で力強く 明るさに満ちた

                  最後を

                  生きた証として

                  残せれば それでいいんじゃないんだろうか?

                   

                  なんて

                  壮大なことを

                  考えてしまって(笑)

                   

                   

                  これも

                  涼しい秋がやってきたせいなのかな。。

                   

                   

                  秋に

                  ぴったりの曲です。

                   

                  ぜひ一度お聞きください。

                   

                   

                  マーラー交響曲第五番第四楽章。

                   

                   

                   

                  2017.08.31 Thursday

                  誰かのために。

                  0

                    なんだか

                    最近真面目な話ばかりで

                    面白くないですよねー。僕のブログ。

                     

                     

                    今日こそは

                    この前

                    花岳寺さんで起きた

                    怪事件のことや

                     

                    赤穂化成さんでのパン教室の話

                     

                    奥さんが気晴らしに。。と気遣ってくれた話を書こうと思ってたのに。。。

                     

                     

                    今日

                    うちの新人二人

                    別々に

                     

                    全く別の いい加減なことをしたことで

                    同じ話をしたことを書きますね。

                     

                    いやいや

                    個人の何をしでかしたか?は辞めておきましょうか。

                     

                     

                     

                    でね。

                    つくづく思うのが

                     

                    仕事。って やらされるもんなのかな?って。

                     

                    まあ

                    その時点で

                    そう思う人とは あまり付き合いたくないですけど。

                     

                    僕が思うに

                    仕事というのは

                     

                    誰かが 

                    誰かのためを思って作ってくれたもの。

                     

                    あー。明日も仕事だー。

                     

                    と ぼやく社会人の方々に言いたい。

                     

                    そのぼやく仕事も 

                    必ず誰かが あなたのために作ってくれたものなんですよ。

                     

                    仕事なんて

                    ふわふわ 自然に発生して

                    その辺に浮いてるもんじゃないんです。

                     

                    その会社の誰かが

                    努力して 汗水たらして

                    作ってくれたもの。なんです。

                     

                    あなたのために。

                     

                     

                    だったら

                    自分もその想いに応えて

                    その仕事を誠心誠意受け止めて

                     

                    自分も

                    誰かのために仕事を作らなきゃ。

                     

                    その仕事が

                    また誰かの生活や家庭を

                    そして

                    その人の生き方を支えることになるんだと思うんです。

                     

                     

                     

                    よく耳にするけど

                     

                    楽しく仕事をする。とか

                    よりよい環境での仕事。とか。

                     

                    もう

                    どこまで行っても自分というような生き方辞めません?

                     

                    仕事というのは

                    きついです。

                    苦しいです。

                    甘くないです。

                     

                    でも

                    なんで頑張れるんですか?

                     

                    楽しいから?

                    環境がいいから?

                    待遇がいいから?

                     

                    違うと思う。

                     

                     

                     

                    その仕事が

                     

                    誰かのために

                    誰かの役に立ってるから。なんですよ。

                     

                     

                    そう思えない人は

                    今の会社より

                    休みが多くて

                    給料が多いところを

                    いつまでも探せばいい。

                     

                    そうやって

                    自分のことだけを考えて

                    渡り歩いていく人生を歩めば

                     

                    気付けば 

                    あなたの周りには 誰もいないと思うけどね。

                     

                     

                    本当は

                    僕も ほかのスタッフのように

                     

                    ダメだな。と思ってても

                    何も言わないでいたい。

                     

                    ダイジョブ。

                    イイヨ。イイヨ。と

                    自分が嫌われないような言葉を発することも出来る。

                     

                    でも

                    ダメなことを

                    ダメだと言うのも 僕の仕事。

                     

                    自分の腹立たしまぎれに

                    吐き出す言葉ではなく

                     

                    その子のことを想って

                    それじゃダメだ。と伝える。

                     

                    なんで?

                     

                    だって

                    僕もそうやって 

                    ダメなことはダメだと教わり

                    育ててもらってきたんだもの。

                     

                    だから

                    その子のことを一番に思って

                    ダメだと伝える。

                     

                     

                    でもね。

                    これが かなり体力と気力を使うのです。。。

                     

                    相手は

                    反省してるだろうし

                    わかってるはず。

                     

                    でも

                    それでも

                    敢えて

                    その弱い部分をこじ開け

                    膿を出し切る作業は

                    正直 ツライ。

                     

                    でも

                    必ず

                    この子のためになる。

                     

                    そう思って

                    僕も頑張ってる。

                     

                     

                    なんだか

                    今日は どっと疲れました。。。

                     

                    宿題が山盛りあって

                    あれこれ やらなきゃいけないこと満載なんだけどな。。

                     

                    でも

                    これも

                    誰かのためになる。。

                     

                    そう信じて

                    明日も 頑張ります。

                    2017.08.29 Tuesday

                    まだ 見ぬ たくさんの笑顔に会いに。

                    0

                      定休日の今日は

                      朝3時から今まで仕事。

                       

                      おかげで

                      ミサイル発射なんて

                      全然知りませんでした(笑)

                       

                       

                      で。

                      なんで

                      休みの日に そんな朝早くから仕事してるか?というと

                       

                      今日 朝10時から

                      赤穂化成さんで

                      パン教室を行う準備に追われていたから。

                       

                      いろんなところで

                      パン教室をやらせてもらっていますが

                       

                      企業さんとコラボしての

                      パン教室は 初めて。

                       

                      赤穂化成さんの商品を使った

                      パンの提案を兼ねた

                      教室で

                       

                      上手くいくか?

                      とても心配です。

                       

                      が。

                      めちゃ楽しみでもあります。

                       

                       

                      まだ見ぬ

                      たくさんの笑顔を

                      求めて

                      それでは 行ってきます!!

                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      PR
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM